格安ツアーに参加しよう|名一杯休日を満喫する

四国を旅する

神社

旅の楽しみを広げる

2014年は弘法大師による四国霊場開創1200年の年でした。その後もお遍路の人気は続いています。しかし四国4県に散らばっている88か所の寺を回るのは、時間も費用もかかります。また、お遍路の旅特有の準備も必要です。費用自家用車で回る場合は一人約25万円かかるとされています。また、10日から11日現地集合の乗り合いタクシー利用では、一人約30万円プラスαが必要となります。しかし回数は自由なので、各自の都合で良いです。自家用車や歩き遍路の方は事前にお遍路に関するサイトを見て、情報を得ることが役に立ちます。そして、歩き遍路には地図が絶対必要です。詳しい道案内や、宿の情報等が書いてある本が出版されています。歩き遍路の方は大体持参されています。読み慣れておきましょう。お遍路用道具は、菅笠、和袈裟、数珠、金剛杖、白衣、納経帳、頭陀袋、納札、経本などです。服装に関しては、金剛杖、白衣、和袈裟くらいは着用した方が、他人もお遍路さんだと見分けてくれます。このことは結構重要です。地元の方はお遍路さんにとても親切です。リュックや衣類などは自分の好みで用意すれば良いのですが、毎日背負うものなので軽いことが大事です。毎日洗濯することを考えて、乾きやすいものがお勧めです。プログなどにもよく書いてありますが、靴はとても重要です。事前に履き慣れておいてください。また宿は最初の2日ほどは予約しておくと安心です。それ以降は自分のペースをみながら、当日、または前日に予約すると良いです。ただ旅のシーズンには予約が取れないことも考えて、予約が当日の場合は2、3の候補を用意する。またなるだけ早めの予約を考えておきたいです。なにかと不安の多いお遍路ですが、旅に出てみると、遍路仲間との交流や、四国の自然や人とのふれあいなど、得ることの多い旅です。